TOP > プロモーション > SEO対策


成果報酬型SEO対策

SEO対策のご案内

どの会社にSEOを頼むか。この時点でWEB集客の勝敗が決まると言っても過言ではありません

これからのSEO対策は極限までユーザビリティを追求すれば
結果としてそれがSEO対策になると当社は考えます!

検索エンジンの重要性

google,yahoo,bing

新規アクセス数の8割は、検索エンジンから来ています!
SEO対策は、具体的に「外部施策」と「内部施策」の
2つの施策を行うことです。

どのSEO会社に聞いても同様の回答が得られるほど、常識的になりつつある内容ですが、圧倒的にペナルティになりやすいのが「内部施策」によるものです。
ホームページの基本的な状態をチェックする内部施策から、最適化して積極的にアクセス数を上昇させるノウハウまで、これまでには無かったチェックポイントやコンテンツ提案は、あたかもホームページの手術そのもの。まるでその様子は「最先端医療」のよう。ぜひご利用をご検討下さい。

SEO内部対策

内部施策の重要性

急変したGoogle SEO

それまでは、一般的には外部リンクが90点、内部施策が10点で100点満点くらいの割合の重要度でした。しかし、今は重要性としては、五分五分になってきています。「五分五分になっている」というのは、あたかも外部リンクの有効性が減っている印象を与え、適切な表現ではありません。
感覚的には、外部リンクで90点、内部施策で90点の、180点満点になったような…そもそもの難易度から急上昇し、いずれの方面でもきっちりとホームページを創りあげ、外部施策をしないとあがらない、そのような検索エンジン対策の動向になっていると思います。

なぜ外部施策より内部施策にペナルティリスクがあるのか

内部施策は、明確に「サイトオーナーがやったこと」と言える内容です。サイトオーナー以外にホームページは編集できませんので、HTML記述がマズかったり、コンテンツ内容に不備があると、即座にペナルティや順位下落の対象になってしまいます。
一方、常に外部リンクには「誰が貼ったのか確証が無い」という第三者視点が存在することから、減点方式は成り立たないのです。

ペナルティ探しだけでない、ロングテールSEO

ロングテールSEOとは、小さな無数のキーワードでいくつも上位化すること。例えば「化粧水」というワードで上位化するだけでなく、「化粧水 パラペン」「化粧水 無添加 ランキング」などの細かいキーワード、そんな語句があったのかと初めて知らされるほどのキーワードで訪問してきます。
このように、ユーザーがほんとうに細かいキーワードでも検索して訪問することは、アクセス解析を導入した事のある方なら誰しもが体験していることでしょう。 Googleは、「一日で検索されるキーワードの30%が、今日初めて入力された語句である」と発表しています。

ロングテールSEOの威力は本当に大きく、「化粧水」だけの検索数が9,000だとすると、「化粧水 ○○」といった複合キーワードの総合検索数は40,500にも及びます。複合キーワードを攻めるロングテールSEOが成功すれば、アクセス数が数倍に及んだり、数万単位で増えることも夢ではありません。

ただしその為のサイト改造の道のりは、決して容易くなく、また私達の知恵や施策案内だけで達成されるわけではなく、お客様によるサイト改造にも多大な御協力を要請することがございます。

ロングテールSEO

SEO被リンク対策

被リンク施策の重要性

被リンクの歴史

▲2002年~2006年:初期型フッターリンクタイプ ▲2007年~2011年:貼れば順位を独占した中国系リンク

「2012年以降、被リンクが効きづらくなった、と言われますが」確かに、その通りです。

あなたがSEO対策の案内ページをいくつか見ていれば、「IP分散」「オールドドメイン」等と言った被リンク手法は何度かご覧になっていると思います。
もちろん当たり前のことなのですが、どの会社も同様に施策して、なぜ全てのサイトが10位以内にランクインできないのでしょうか?そんな状況下で、被リンクすら施策せずにトップ10、ましてや1位は獲得できるのでしょうか?

順位と売上

SEO対策とは「集客マーケティングの1つの手段」であり「自動で売上が上がり続けるシステム」ではありません。
簡単、安い、そのような甘いセールスワードによって商いの本質を忘れていませんか?
SEOが売り上げに貢献するまでの流れを分かりやすく紹介させていただきます。

SEOが売上げに貢献するまでの流れ

当社は、業界にネットワークありあらゆる被リンクパターンの順位動向を把握

被リンクが効かなくなってきたのは、「従来までの被リンクが効かなくなった」だけ。新しい手法は日々編み出されていて、Googleの目も日に日に厳しくなっています。
被リンクを自社で生成する「SEOのメーカー」として切磋琢磨する弊社には、同様に、このGoogleの波を一緒に超えようとする業界ネットワークにより、日々膨大なデータが集まります。集計キーワードは一日5000キーワード、40万サイト。

スマートフォンSEO対策

スマートフォンSEO

WEBマーケティングは、新しいデバイス戦争へ…。

mobile vs pc

▲パソコンVSモバイルのシェアの予測値。
少なくとも、スマートフォン需要が今後落ちることは無いと分析できます。

スマホSEOの正体は?

PC版サイトが上位化すればスマホサイトも上位化できる

今日の「Google SEO」においては、日々の変化があることは大前提ではありますが、基本的には「PCサイトがちゃんと最適化されていれば、自動的にスマホ版Googleでも上位化される」という原則があります。
例えば「ユニフォーム通販」であなたのサイトが3位なら、スマホ版でもだいたい3位で表示されることでしょう。 スマートフォン用のページがあるか無いかは、ここでは関係ありません!

SEO成果報酬型費用

11位以下になった場合、料金は一切発生しません。

私たちはお客様の費用対効果・収益向上をまず考えます。
その結果、順位成果に対し、1日1日ごとの成果報酬でサービス提供することにより、 お客様のリスクを最低限に抑えることができると考えました。

成果報酬プラン

サービスポリシー 5つの約束

1 必ず上位表示いたします 2 必ず売上を上げます 3 必ずお客様の立場に立って考えます 4 必ず期限を守ります 5 必ず満足させます
1つでも守れなければ...初期費用を全額ご返金します。 1つでも守れなけれれなければ...1円も頂きません!!